2010年05月10日

歌声に誘われて、波に攫われて

 一筋の歌が腕に絡まって、海辺の散歩道を行くユキヲは足を停めた。歌の発生源を眼で辿ると岩場に腰掛けて凛と響かせる麗しき歌姫が映る。彼女の声はいつも気高く、周囲の温度が低く感じられる程だった。そしてそんな噂はいつも持ち主の気紛れさと共に伝えられる。
 こんな逸話がある。酒姫の歌にけちを付けた酔っ払いの旦那がこう言い返された。「そんなに巧い歌が聴きたいのなら頼んでみては? 海の歌姫じゃなくて神様に。それでも彼女に願うよりはきっと可能性が高いことでしょうよ」
 そう称される音達が今、強く儚げで荒々しくも朧げに砂浜の上を舞う。ユキヲは跳ね廻る歌の邪魔をしないように曲が終わるのを待ってから近づいた。
「やあ。いつもながら見事な歌だね」
「有難う」
 素っ気無いお礼の言葉さえ香り立ちそうだった。「今のは言葉にじゃなくて、歌を中断させないでいてくれたことに対してね」
「邪魔されたことがあるの?」
「そりゃあるわよ。大きな足音を立てながらいきなり走り寄るとかね。お陰でリズムが滅茶苦茶。わたしに近づきたいなら、せめて曲に合わせて来て欲しいわね」
「そんなことって出来るものなの?」
 ユキヲの問いに自信ありげな笑みで応える歌姫は長い黒髪を細い指で払う。両手はそのまま静かに流れ、現れた耳を覆うようにそっと置かれた。
「わたしはこの潮騒に合わせて歌っているわ。寄せては返しながら歌を紡ぐの」
 瞳を閉じて耳を澄ます彼女の姿が完成されていて、少しだけユキヲは見惚れた。
「難しそうだね」
「出来ないなら貴方みたいに動かないことね」
 そう言うと悪戯な笑い方をして、歌姫は瞑られた眼を再び開く。そのとき二人の間に波音が嫉妬したように割って入り彼女の気を惹いた。「あら? 良い潮ね。ちょっと歌っても良いかしら?」
 「勿論」と応える前に音が走り始めるからユキヲは口を噤んだ。波が引けば、行かないでと追い掛けるように彼女の歌が響く。声が届き甘えようと帰る波から、今度は逃れるようにと旋律は遊ぶ。まるで悪女だとユキヲは思い、彼女らしいと付け足した。幾度かの遣り取りの後、一方的に彼女が歌うのを止めると、名残惜しむようにひとつ大きな波が立った。ユキヲは圧倒されながらも拍手を贈る。
「その歌声はきっと何物にも代え難いのだろうね」
 ふふと微笑み、けれど瞳を伏せながら彼女は歌った。
「それでもわたしは二本の脚の為なら声を捨てても構わないのよ」
 抱かれるように彼女は飛沫を上げて飛び込み、歌声と共に海の中へと深く深く。そして波は嬉しそうに引いていくのだった。


posted by sakana at 12:48| Comment(0) | ミルク特別篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

天才の思考

 ある種の言葉の組み合わせにより発生する現象を魔法という。初等教育で習うことだから子供でさえ知っている。というよりも魔法使いを志すのであれば舌が柔らかい子供の内に理解しておかなくてはならないのだ。だからユキヲも例外でなく、舌の運動を怠らないで魔法の勉強をしている。
 大魔法使いの名を欲しい侭にしているアトランティヌスがユキヲの師匠だった。今年で九十七歳。精神こそ若いがそろそろ肉体的に倒れてもおかしくない年齢である。ユキヲはあまり良い弟子といえないかもしれなかった。ちょっとしたことでいつもアトランティヌスの美しい声に怒鳴られてきたからだ。
 しかしそれほど厳しかったアトランティヌスが最近では一言たりとも発さなくなった。特にユキヲの態度が良くなったという訳でない。ただ静かに瞑想する日々が続く。ユキヲも黙って、復習に勤しむことにしていた。
 幾日かそんな生活を過ごしていたユキヲたちだったが、アトランティヌスがその静寂を破った。不意にユキヲの手を取って、鍛錬の海に連れて来たのだ。鍛錬の海とは周りには民家がない為によく魔法使いたちの練習の場として使われている湖の呼称である。
『……ユキヲ、聞こえるか?』
 何処からともなく……いや外ではない。ユキヲの頭の中に声が響く。
「師匠?」
『どうやら成功のようだな』
 ユキヲは驚いていた、アトランティヌスが一言も発していないことに。
『我々は長い間、言葉のみが魔法になるなぞととんでもない勘違いをしていたようだ。確かに言葉の持つ力は偉大だ。だが万能ではない。しかし言葉を使った方が伝承が楽に行えるな。今のように思考を使ったのではそれは難しいか……』
「し、師匠?」
『済まない、済まない。それでは本題に移ろう。よく見ておるのだよ』
 アトランティヌスは静かに眼を瞑った。心なしかぴりぴりとした空気が張り詰めたように感じて、ユキヲは息を呑む。
 その瞬間。
 湖は割れた。
「凄い!」
 湖を割るなんて魔法は言葉にすると色々な要素が加わって矢鱈に長くなる。それ故に途中で失敗する魔法使いも多い筈だ。だから成功させただけでも驚きなのに、こんなに短時間で行ったことがユキヲには信じられない。
『これが思考の力だ』
 アトランティヌスはいつのまにか眼を開いていて、放心しているユキヲに微笑んでいた。そして割れた湖の道をゆっくりと行く。ユキヲの師匠は湖の底に落ちていたあるものを大事そうに拾っている。ユキヲはそれを見て苦笑せずにはいられなかった。
 アトランティヌスが見付けたものは魔法の歴史を塗り替えるであろう大発見と、喋らなかった理由……そう、入れ歯だった。
posted by sakana at 20:17| Comment(2) | ミルク特別篇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月22日

夢で逢えたら

「今夜は<夢>で逢いましょう」
 受話器の向こうで唐突に彼女が言ったけれど、僕は戸惑ったりはしなかった。すぐに昨晩のテレヴィで<夢>の特集が組まれていたことに思い至ったからだ。きっと彼女も同じチャンネルを観ていたのだろう。見たもの聞いたもの触れたもの、何でもすぐに影響を受けてしまう少々性質の悪い女性、それが彼女だった。
 雑誌で「今年は絶対ブルー」なんて謳われれば彼女は青いアイテムを身に付けるし、ラジオでDJがチャートをカウントダウンして行けば十七位までの曲を聴く。それでも執着がまるでないのが彼女の特徴で、部屋の隅では一時期流行った腹筋マシンが哀れに埃を被っていたりする。ある角度から見たらバランスが良いといえるかもしれない。
「どうして<夢>で逢おうなんて言うのさ。無理に決まっているじゃないか」
 いつも通りの遣り取りに半ば無意識で諭してはみたものの、昨日の液晶画面に映ったカップルのことを羨ましく思ったのは僕も同じだった。満面の笑みを浮かべながらテーブルを挟んで食事をしているだけの他愛もないものだったが、次々現れる皿はすべて現実離れした鮮やかな色使いでとても斬新な造形を見せ付けていた。さすがに味や香りまでは解らなかったけれど、それらだってきっと素晴らしいに違いない。まさに<夢>ならではという光景だった。
「何故そう簡単に無理だと言うの?」
「逆に何故そう気軽に言えるのかが知りたいよ。喫茶店にケーキを食べに行くのとは違うんだよ?」
 敏感なロマンティックアンテナを所有する彼女だけにそういった映像に憧れる気持ちはよく解る。僕だってできることなら受け入れてあげたい。けれどどう考えたって現実的ではないと、理性が訴えかけるのだ。僕は困ったことに純正リアリストだった。だから彼女の夢物語を夢物語で終わらせるのが僕の役柄。彼女もそれが解っているのだけれど、口に出すだけでも多少の満足が得られるらしくて、駄目だと言われるために僕に話す。
「愛し合う恋人同士が<夢>で逢うなんて素敵じゃないかしら?」
「そりゃあ素敵さ」
「でしょう?」
「でもそういうことはできないから素敵なんだよ。簡単に叶ってしまえばそんなの素敵でもなんでもない」
「まったく本当に夢がないわね」
「気の利いたジョークをどうもありがとう」
「馬鹿ね、皮肉よ」
「知ってるさ」
 派手に切れた電話の後、また他の何かに誘惑されている彼女の姿を想像して、僕は溜息をひとつ零す。
 それにしてもやはり一度は行ってみたいと思ってしまう。その名の通り夢のような料理が並ぶという、超高級レストラン<夢>。一夜の夢を観る料金のことは、できれば想像したくないのだけれど。
posted by sakana at 12:59| Comment(0) | その他千文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

漂泊

 わたしは深い海の底にいる。体育座りで膝を抱え、両足の間に顔を埋めている。髪の毛を海草のようにゆらゆらと漂わせて、自分を地面に繋ぎとめるものは何なのかを考える。考え出すと足枷が見えるようになった。黒色でコーティングされた鉄製の輪が右の足首に。それには鎖が付いていて、重たそうな鉄球が先にある。ああこれが私を繋ぎとめるものなのか、何とか外せないものか、そう考えると今度は大きな鋏が現れる。両手で持ち上げ刃先を鎖に当て、えいっという掛け声とともに断ち切ると足枷は見えなくなった。しかしそれでもわたしは海の底から出ることができない。これでもない。考える。現れる。消える。考える。現れる。消える。幾度とない繰り返しの後に、考えることを辞めたらわたしは浮かぶことができるだろうかと考える。わたしが現れる。そうかわたしだったのか。
posted by sakana at 12:50| Comment(0) | 500文字の心臓 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月09日

フレアスカート・トラップ

 踝まで隠れてしまう長いフレアスカートの少女が隙を見せたから、少年は思いっきりスカートをめくってやった。
 「きゃあ」なんて可愛い声が少年の耳に届いたけれど、それより気になったのはフレアスカートの中にいた小さな少女の方だった。
 フレアスカートの中の少女は少年を誘うように、また隙を見せている。少年はスカートをめくる。そこにまた少女がいる。

 ふわり、ふわり、ふわりの連鎖。

 ぞくりとする悪寒に振り返れば、暗黒色したカーテンが波打つだけ。視線を戻しても、そこに少女はもういない。
posted by sakana at 15:17| Comment(0) | その他500文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。