2009年06月17日

 一匹の竜が雄大に空を駆け上がる。長い長い尾を完璧な構図で靡かせながら、空を跳ねる。竜が空を行くと決まって霧雨が降った。空は竜を嫌い雨を見舞うと語られるくらいに、例外ない雨粒が今日も落ちた。
 薄い雨の向こうに竜の姿を見つけて、ユキヲは遥か下方から竜を呼んだ。その声に反応してか突然にユキヲの辺りは集中豪雨。
 それは雨雲が竜を嫌っているのではなく、むしろ逆であることを示しているのだった。雨は帰らせないための煙幕。傍に閉じ込めるための呪縛。空に愛されている竜がなかなか姿を見せないのはそのためなのだ。


posted by sakana at 12:59| Comment(0) | ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

西瓜割り

 目隠しをして前が見えず、周りを囲む子供たちの叩く手の音から目的物を探す。耳を澄まして、手の鳴る方へ。頭の上ではまるでアンテナのように頼りなく木刀がゆらゆら揺れている。木刀の恋人は西瓜に違いないとユキヲはかねてから思っていた。そうすれば振り下ろした切っ先が例え外れても、恋人を殺せなかったというストイックな言い訳が通用するし、命中すれば恋人同士が惹かれ合った結果だったと満足できるからだ。
 手を叩く音が止む。目の前できっと西瓜が殺されるのを静かに待っている。ユキヲは大きく息を吸って、一気に吐いた。同時に木刀で真っ直ぐ地面を叩く。すると、ざんっと乾いた砂を切る音が響く。恋人を殺せなかった木刀にそっと慰めの言葉を掛けてから、ユキヲは目隠しを外した。西瓜は立っている場所からかなり離れたところにぽつんと存在していて、子供たちに騙されたのに気付くのに時間は掛からない。そしてもうひとつ気付いたことがあった。
 いつだって思い詰めた恋人たちは他人の言葉に惑わされるんだってことに。
posted by sakana at 14:58| Comment(0) | ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

チャイナドレス

 際どいスリットが妖艶で皆の気を惹く。それがチャイナドレスの引力。真っ黒の下地に赤の刺繍はとても良く映えて。長い足は惜し気もなくライトの光に晒されている。
「そういう格好も似合うんだね」
 もどかしそうにグラスを持ちながらユキヲは笑顔で誉めた。
「あんまり嬉しくないけれどね」
 長い髪を掻き揚げるその姿がまた様になっていた。
「何だか凄く目立ってるね?」
 きょろきょろと周りを見渡すユキヲの問いに彼は苦笑しながら答える。
「……君の兎には負けるよ。ちょっと反則だけれど」
 逆装パーティは今回も好評。特に主催者が大喜びなのだった。
posted by sakana at 15:08| Comment(0) | ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

紅茶

 立ち昇った優しい紅茶の香りが鼻をくすぐったから小さなくしゃみがひとつ出た。白い陶器の上品な器に注がれた紅茶はユキヲの前で「早く飲んで」
 添えられた砂糖にミルクと蜂蜜、輪切りにされた檸檬を彼女の中に入れてしまって良いものかと少し悩む。紅茶はストレートティでなく厭くまで紅茶であり、砂糖を入れたら砂糖入り紅茶、ミルクを入れたのならばミルクティになり、蜂蜜、檸檬も同様だ。
 だからユキヲは何も加えないで、カップに口を付けた。喉が一度鳴り、唇が離れると砂糖と蜂蜜、ミルクを入れる。大人のように紅茶の渋みを深みと理解して我慢するより、子供で良いから美味しく飲む方をユキヲは選んだ。砂糖を入れる寸前に紅茶は微笑んだ。「大きくなったらまたおいで」
posted by sakana at 22:05| Comment(0) | ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

巫女

 神に仕える存在は気高く、いつも瞳を閉じているのが特徴だった。眼に映るのは神だけで良い、神が見えないのなら開く必要はないと言わんばかり。
「何故目を瞑っているの?」
「それはね。いざ神様に逢えたとき、私たちはきっと失明するほどの光に包まれるからよ」
「神様って光っているの?」
「それはもう、神々しいというくらいだからね」
「でも眼を壊されちゃうんじゃ人間には優しくない神様なんだね」
 ちょっとしたユキヲの冗談に先程まで無表情だった彼女の顔が一気に険しくなった。
「……神に仕える私に感謝なさい」
「?」
「その口を引き裂いていたかもしれなくてよ」
 そんな好きな人を汚された恋人のような反応に、きっと神様は格好良いんだと思うユキヲ。そして鏡を見た神様は地上に降りれずにいたのだった。
posted by sakana at 12:57| Comment(0) | ミルク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。